無担保融資のデメリット

無担保融資のデメリット

無担保融資と聞くと一見、担保や保証人が必要ないので
簡単にお金が借りられるとても便利で良いもののように聞こえます。
実際のところ、デメリットもあります。

 

担保を必要としているローンと比較すると、
無担保ローンはどうしても高金利になります。
返済不能になった時のリスクがより高いためです。

 

担保を立てて融資を受ける場合は低金利で借り入れが可能ですが、
返済できなくなると担保を処分することになります。
返済ができなくなった時は担保を処分できるという条件のもとで、
金融会社は金利を低くすることが可能になっています。

 

担保を必要としない融資の場合、
返済に行きづまると金融会社側も損が大きくなりますので、
金利を高くせざるをえないのです。

 

無担保融資によってお金を借りる際のデメリットは、
借り入れ金額が有る程度限られてしまうという事と、
借り入れ期間が短いという事もあります。

 

貸し手である金融機関にしてみれば、
何かの事情で返済が止まった時に補填できる担保が無いわけです。
大口の融資をすればするほど、返済不能リスクははね上がります。

 

金融機関としても、大きすぎるリスクを背負ってはいられません。
そのため、大抵の金融機関は、無担保融資の上限金額を低めに設定しています。
大口の融資にならない以上、借りたお金を短期間で返済できるような融資しか、
無担保融資にはないということができるのではないでしょうか。

 

無担保で融資を受ける時は、無担保なりの注意点もあります。
融資を受ける時には、利点と欠点の両方を踏まえて利用することです。

 

 

 

トップへ戻る