住宅ローン減税の注意点

住宅ローン減税の注意点

住宅ローンを利用した人が、幾つかの条件をクリアすると
減税措置を利用することが可能です。
減税制度を賢く使うことで、長期間におよぶ住宅ローンの
返済を少しでも楽にしたいものです。

 

どこに気をつければいいものなのでしょう。
家を購入した当人が、購入した敷地の半分以上を
自分の住む家として使うことや、
登記面積が50uメートル以上であることです。

 

マンションを買おうと思っているならば、気をつける必要があります。
マンションの部屋の広さは、測り方によって変わります。

 

壁芯面積と、内法面積のどちらで測った広さなのか、
チラシを確認する時にはチェックしておきましょう。
壁芯面積50平方メートルの場合、内法面積は50平方メートルより
間違いなく狭くなってしまいますので、
住宅ローン減税の対象外になることがあります。

 

住宅ローン減税では、買うことになる家の全ての面積が
情報として必要です。もしも、登記面積が住宅ローン減税の
条件をクリアしていても、夫婦共同で家を買うと面積は半分ずつです。

 

住宅ローン減税を使おうと思ったけれど、夫婦共有名義なために
条件を満たせないという人もいます。家と建物を個別に買ったという時も
注意すべきことがあります。住宅ローン減税を利用するためには、
土地を購入してから家を建てはじめるまでの期間が2年以下であることや、
土地や家を抵当権に入れた住宅ローンにする必要があるといいます。

 

 

 

トップへ戻る