住宅ローン減税とは

住宅ローン減税とは

住居を購入する時に、住宅ローン減税という言葉に
接することが多いのではないでしょうか。
どんな性質が、住宅ローン減税にはあると言われているでしょう。

 

住宅ローンの融資を受けて新しく家を建てたような人が、
住宅ローンの返済が残っている間、一定条件に基づいて所得税が控除されます。

 

住所を購入するために住宅ローンを利用してから最大10年は控除が続きますので、
減税額も高くなります。どんな人が住宅ローン減税を利用できるかは、条件があります。

 

家の受け渡しが終わってから6カ月以内に住んですることや、
登記面積が50平方メートル以上あることなどが条件になります。

 

その年の収入が3000万円より低いことや、床面積の半分以上を
本人の住居として使用することなどで、これらをクリアしなければなりません。

 

この他、住宅ローン減税の条件には、ローンの返済に10年以上かけていること、
住宅金融支援機構や、民間の金融会社から住宅ローンを利用していることがあります。

 

家を買うために住宅ローンを利用した場合、月々の返済負担はどうしても重くなります。
住宅ローンの返済は長ければ35年、短くても10年はかかることがほとんどです。

 

賢く住宅ローン減税を利用すれば、返済をしやすくなることでしょう。
住宅ローン減税を利用することで、住宅ローンが返しやすくなり、
日本経済がトータルで活溌に動くようになります。

 

新しく住宅を買いたいと考えている人は、住宅ローン減税を使ってみるといいでしょう。

 

 

 

トップへ戻る