住宅ローンの変動金利とは

住宅ローンの変動金利とは

少しでも低い金利で住宅ローンを利用したいという人は、
固定金利ではなく変動金利で融資を受けた方がいいと
いうのがセオリーとなっているようです。

 

金融機関によっては金利優遇キャンペーンなどの販売セールを
実施している場合も良くあります。びっくりするくらい低金利で
融資が受けられたりもするようです。

 

住宅ローンの変動金利は、年に2回ほどの見直し時期があり
金融政策や情勢によっては高くなることも有ります。
住宅ローンを組む人にとっては、どうすることも出来ない経済状況
などによって変動するのです。

 

今後の金利は景気と結び付いており、そう簡単には予測できません。
住宅ローンを変動金利で利用するネックは、いくらの利息を支払う
ことになるかわからないことがあります。

 

金利が変動する為にその時々によって返済額が変わるので、
家計への負担が増える可能性がります。返済額が増える事も
十分に考えられることです。住宅ローンを利用する時には、
ぎりぎりの貯蓄で家計を取り回すのではなく、もしも金利が
上昇した時でも対応できるようにしておくことがあるのではないでしょうか。

 

住宅ローンを組む時は、返済期間が長いだけに借り入れ時だけの
金利で決めてしまうのはやめましょう。数年後の金利の事も考慮して、
固定金利か変動金利か選択しなければなりません。

 

住宅ローンを利用する時には、融資額が大きいほど金利の変化に
敏感になりますので、よく検討してください。

 

 

トップへ戻る