残価設定ローンはお得なローンなのか

残価設定ローンはお得なローンなのか

残価設定ローンとはどのようにお得なのでしょう。
通常どおりの自動車ローンを組むべきか残価設定ローンに
すべきか迷う人が、自動車購入時にローンを組む場合にはたくさんいます。

 

残価設定ローンは月々の返済額が少なくなり、
一見するとお得なようにも見えます。実際はどうなのでしょうか。

 

残価設定ローンを利用すると、もしもローン終了後に車を買い取る
つもりがあるなら、結果としては高い金額になってしまうことがあります。
ディーラーのつける残価の設定は低めに設定されがちで、
残価設定ローンは値引があまりされないことが多いからです。

 

正攻法でいくのであれば車の買い取りは、買い取り業者は複数の
ところで査定をしてもらい、最も査定額の高いところに売却するものです。
買い取り先が車を購入した販売店でけに残価設定ローンを組むと
決まってしまうので、残価がディーラー次第で決定してしまうでしょう。

 

残価設定ローンがお得なローンになりえるかは、残価がどこまで保障
されるかにもかかっています。3年後の残存価値は、残価が保障される
ならある程度保障されるようです。

 

そうはいっても差額を追加しなければ
いけなくなる場合も、車種の相場が下がって買い取り価格が下がったとき
にはあるといいます。有利な条件でローンが組めるかどうかで、
残価設定ローンは金利や残価の設定などでいろいろと条件がありますので、
得になるかどうかもだいぶ違ってくるでしょう。

 

 

 

 

 

トップへ戻る