残価設定ローンとは

残価設定ローンとは

最近残価設定ローンという自動車ローンが注目されています。
あらかじめ購入する車を2〜3年で下取りに出すつもりで、
その時点での残価設定を車を買うときにに行い、
ローンとして差額を支払うという仕組みです。

 

300万円の自動車を購入する場合、そのまま自動車ローンを組めば
300万円のローンを組む必要があります。2年後に120万円で車を
下取りに出すことにしている場合、180万円のローンを組むのが、
残価設定ローンというものです。

 

長い間憧れていたワンランク上の車を購入することも、
ローンの返済負担が軽くなるぶんできるといいます。
この方法はリース契約ににていますが、3つの選択肢が
残価設定ローンではあるようで、ローン完済後に決めるそうです。

 

3年も経過すれば新しい車が出ていますので、次の新車に買い替えると
いう方法がひとつあります。場合によっては3年前にはなかった機能が
ついていることもあります。どんどん新車に乗りつづけたい人には
プラスになる方法だといえます。

 

2つめは、当初の予定どおり車を販売会社に返すというものです。
3年も経過すればライフステージも変化し、結婚や引っ越しなどで
車が不要になる人も多いでしょう。残価を一括払いにすることで、
自分で車を買い取るというのが、3つ目の方法です。

 

中には3年間も乗ってきて慣れ親しんだ車を手放したくないと
思う人もいるのではないでしょうか。車を残価設定ローンを使って
購入しておけば、生活習慣に合わせて3年後に車の持ち方を
検討することが可能です。

 

 

トップへ戻る