税金のクレジットカード払いの注意点

税金のクレジットカード払いの注意点

いくつかの自治体が、クレジットカードを使った税金の納付に対応しています。
どうせ支払う税金であれば1%でも還元してもらいたいものです。
税金をクレジットカードで支払う時に、気をつけなければいけないことは何でしょう。

 

ひとつは自分の住んでいる自治体がクレジットカード払いを扱っていない
場合があることです。たとえクレジットカード払いを扱っていても決済時に
手数料が必要なことです。クレジットカードにポイントがついても、
手数料315円を相殺できなかったということは金額次第で発生します。

 

39500円の自動車税をクレジットカードで払ってポイントがもらえるなら、
つくポイントが1%か0.5%かの差は大きいでしょう。315円の手数料を
支払うとなると支払う金額にもよりますが1%還元であってもあまり得を
するという感じはしません。

 

ただし、クレジットカードからの支払いはネットからできる場合もあるので、
便利さという点では嬉しい存在ではあります。クレジットカード払いの場合、
大変なのがクレジットカードを紛失してしまった場合のリスクもあります。

 

すぐにクレジットカードの機能をストップさせなければならず、
税金の支払いに関しても手続きを変更しなければなりませんので要注意です。
税金の支払いをクレジットカードで検討しているという人は、カ
ードを使う時の特性をよく把握することが大事です。

 

 

トップへ戻る