ブラックリストが及ぼす融資への影響

ブラックリストが及ぼす融資への影響

ブラックリストに入った人は、融資にどんな影響があるのでしょう。
前提として、ブラックリストに名前が入る状態になったとしても、
クレジットカードの使用などに支障はありません。

 

支払いに問題が生じている時などは、影響があります。
しかし、きちんと利用し、返済をしているクレジットカードならば、
ブラックリストに入ったからといって使えなくなることはありません。

 

同じように、融資中の取り立てが、いきなりきつくなるということもありません。
資格が取れなくなったり、家族や親戚に迷惑がかかるということもないでしょう。

 

ブラックリストの特性は、新しい融資を申し込んでも、断られてしまうことです。
クレジットカードを作るための審査も、ブラックリスト入りしていると通過できません。

 

新しい融資を受ける時には審査がありますので、
その段階でブラックリスト入りしていることが明るみに出るのです。
また、まれな例ではありますが、クレジットカードでの家賃支払いを
基本としている賃貸住宅の場合は、新規の入居にクレジットカードの
審査があるため、入居が認められないことがあります。

 

今まで使っていた融資やカードは、ブラックリストに入っても、問題なく使えます。
しかし、ショッピングローン、自動車ローン、住宅ローン融資が受けられなくなることで、
不便なことが起きることがありえるでしょう。

 

最も重要なことは、期日を守って返済をすることで、
ブラックリスト入りを未然に回避することです。先々の見通しを立てて、
返済がうまくいかないさそうな融資はできるだけ受けないことです。
ブラックリストに載ってしまうと、いろいろなところで不都合が起きてきますので、
融資を受ける際は慎重にしましょう。

 

 

トップへ戻る