融資とブラックリストとは

融資とブラックリストとは

金融会社から融資を受ける時に、
ブラックリストに入っていないか気にする人がいるようです。
一体、ブラックリストとは、何なのでしょうか。

 

よくブラックリストと言われますが、実際にはそういうものはありません。
クレジットカードの発行や、融資の申し込みをした場合、
審査が行われます。この審査の中には、必ず信用情報機関への
顧客の信用情報の照会が入っています。

 

信用情報会社では、過去の融資の利用履歴や、
返済トラブルを起こしていないかが記録されています。

 

信用情報会社に照会すれば、現時点での他者借入件数が多い人や、
返済を遅らせたことがある人、自己破産の有無などがわかります。

 

その場合、金融会社の審査に引っかかり、融資を受けることができません。
そのため、信用情報機関の記録に延滞や貸し倒れの記録が載っており、
融資の審査に通らない状態にある人を、ブラックリストに入っている人と
表現するのです。

 

ブラックリストに入るような状況とは、
過去に返済に関するトラブルを起こしたことがある人だけです。
そして、融資を受けても、きちんと返しているという事であれば、
それだけ信用度も上がるのです。

 

ブラックリスト入りしているか確認したいならは、
信用情報会社に照会するといいでしょう。
もしも自分の信用情報について知りたいならば、
身分証明書を見せて、開示の手続きをすることです。

 

金融会社以外に、情報が漏れることは、まずないといえるでしょう。
融資を受ける時には、もし不安があれば、ブラックリストに入って
いないか確認してみるといいでしょう。

 

 

関連ページ

ブラックリストが及ぼす融資への影響
ブラックリストが及ぼす融資への影響
ブラックリストと融資
ブラックリストと融資

ホーム RSS購読 サイトマップ