不動産ローンとは

不動産ローンとは

不動産ローンというのは、不動産担保ローンの略で
担保として不動産を使って借りるローンのことを言います。

 

ローンには有担保型と無担保型がありますが、
不動産ローンは有担保型のものです。
信用を担保として融資を行う信用貸しは、
クレジットカードを利用してキャッシング融資を受ける
場合などに見られるものです。

 

担保がなくても融資が受けられますが、そのぶん、
借入限度額が低く、貸付期間が短めになります。

 

一方、不動産ローンは担保として不動産を用意するので、
借り入れ上限額が高めで、貸付条件がよいものになります。

 

この違いは、金融機関など融資を行う側から考えると、
納得のいくものでしょう。ローンを提供しても返済不能などに陥っても、
不動産という担保がある為に貸し倒れというリスクがかなり小さいのです。

 

不動産担保ローンは金利も低く設定されているので、
担保となる不動産がある借り手にとってはとても便利なものといえます。

 

不動産ローンで借りたお金は、使途が限定されていないことも魅力です。
これがマイホームローンやマイカーローンとなると、
使い道は制限されてしまいます。

 

不動産ローンでは、どんな目的にでも使えます。
担保として利用した不動産の評価額に応じて、
借入金も大口になることが不動産ローンのいいところです。

 

 

 

トップへ戻る